2016年12月31日土曜日

提前祝您過個好年!(良いお年をお迎えください!)


気がついたら、明日は新年でした。

忙しい日々を過ごしているわけではないのですが(むしろ今までで一番平穏な日々です)、これまでやりたくてやれなかったことを細々とやっていると、すぐに時間が経ってしまって、何かを書きたいという気持ちになかなかなれませんでした。

来年は、また、少し何かをまとめて行けるといいなーと思っています。

ほとんど更新もしなくなってしまった、このブログをチェックいただいた方、本当にありがとうございました。

みなさんにも明日を迎えられる日々が続きますように。

良いお年をお迎えください!


2016年10月13日木曜日

意味がないこと

復職して、一カ月ほどが経った。

復職する前に、産業医との面談があったが、はっきり言って私にとっては、何の意味があるのかがわからなかった。なぜなら、精神的に問題があって休職したのちに、復職したい意志がある人は普通、産業医の前で「気分が落ち込んでいて」とか「仕事をする気がしない」などとは言わないからだ。そんなことは愚問でしかないのに、聞かれるのだ。

「気分は落ち込んでいませんか?」
「仕事をする意欲はありますか?」

これらの質問に「はい」と答えられない状態なら、復職できるわけがないというような愚問が繰り返される。
「はい」と自分が答えられることがわかっているから、この場に来ているのだ。
自分の状態がどうなのかがわからないのなら、そもそも産業医の面談に来るべきではないし、むしろまだ休職する必要があるのだろう。

休職前に産業医との面談はなかったし、会社から産業医の元に行くような指示もなかった。だから、この産業医は、私がどんな経過をたどって今ここに面談に来ているのか、私が話した内容で、初めて知ったようだ。休職前にどんな仕事をしていたのかも説明をさせられたし、どんな症状があって休職にいたったのかということも今さら聞かれた。今、この時期に私が労力を使い、過去を振り返って話したところで、何のメリットがあるのか。だったら、休職する際になんらかの形で、一度聞いておくべきじゃないのか。過去と今とを比較しないで、いったい私の何を診断しているのだろうと、次々に疑問が浮かび上がってくる。

もちろん、そんなことにいちいち細かく答えるのも面倒なので、適当にはしょって答えた。
以前に、整体やリフレクソロジーなど、リラクゼーションのお店で「大きな病気をしたことがありますか?」という問いに「どう答えるか?」を書いたが、この産業医の面談も同じようなものといえよう。適当に答えたところで、多勢に影響などない。

しかも、会社に対しての小言まで言われ、なぜか私が謝るという、本来の面談の体を成していない時間が流れる。さらに、主治医からの診断書にあった「時短勤務から始めるのが望ましい」は、「今の状態なら問題ない」「フルタイム勤務で始めて大丈夫」と切り捨て、太鼓判を押してくる。今までのことを何も知らなかったのに、今すぐに決められるのはなぜかと、疑問しか思いつかない。

そもそも私が雇用されている会社で、産業医の存在意義はどこにあるのか。大企業であれば、産業医が常勤していて、社員が健康的に働けるよう環境を整えるなど、やることはあるのかもしれない。もちろん中小企業の嘱託産業医だって、もうちょっと意味のある質問をする医師もいるのだろう。なにより、企業に産業医が存在するのは、法的に決められているからで、面談を行うのは、会社の就業規則として、休職から復職するのに産業医の診断書だか意見書だかを必要としているからだ。

この面談で求められていたのは、「会社できちんと仕事ができる人」を演じられるのか、ということだ。そんなことは、私もいい年をした大人なのでわかっている。だから、どんなに疑問が沸いても、理不尽なことを言われても、質問も反論も口にしなかった。人が社会で「健常者」として生きるには、鈍感なふりをするのが一番だ。

そして、法律や規則というのは、時に、まったく意味がないことだという好例だとも思った。

傷病手当金の話はほそぼそと書いているのだが、実際、こういうまとめというのは、私が作り出すものではなくて、もともとあるものをわかりやすくしているだけだ。だから、書く以上に、その準備というか、前段階に莫大な時間がかかる、というのも言い訳だが、こういう単なる愚痴やどうでもいい旅日記は、3分ぐらいで書けるので、たまに書いているんだけど、これこそ意味がないことの極みでもある。

2016年10月10日月曜日

沒吃烏龍麵,不准回家(うどんを食べなきゃ帰れない)

この連休は、ちょうど台湾から(台湾も三連休)友人が四国に来たので、ついでに私もしばし合流した。

実は四国は、高知を出張で訪れたことがあるだけ。観光もしたことないし、他の場所に行ったこともなかったので、ちょうどいいかなーと思い。

松山といえば、道後温泉。あまりにも混んでいて、洗い場を使うのに行列するという、初めての経験。



ここは全く知らなかったのだが、四国のスイスとも呼ばれているらしい、四国カルストという高原地帯。愛媛県と高知県の県境にある。

晴れていれば、澄み渡った空の下、平原が見えるはずなのだが、天気はあいにく曇天で霧がかかり、逆に幻想的な感じだった。


その他諸々はあるのだが、とりあえずは食。

沒吃烏龍麵等於沒來過香川縣!
(うどんを食べなければ、香川に来たとはいえない!)

で、これから最後に瀬戸内国際芸術祭に寄って東京に帰りまーす。

2016年9月18日日曜日

待會再來拿(後で取りに来ます)

とりあえず、復職することになった。

人の平均年齢を80歳ぐらいと考えれば、ちょうどこの休みは人生における折り返し地点、つまりは「夏休み」に相当するのではないかと思い、そんな気分で過ごすようにしていた。しかし、もう若くない自分はどうしても結果を重視してしまい、得られるものに対して是非の判断を下そうとしていることに気がつき、そのために仕事を休んだのではないのだと自分自身で納得できるまでに相当時間がかかった。

実は9月の頭まで台湾に滞在するつもりだったので、帰国後の7〜9月の頭までの間にすでにいくつが予定があり、断ることももちろんできたのだが、断るという行為が面倒なので(結局ここに行き着く・笑)、その予定をこなすために、何度も台湾に戻っていた。

そして、先日訪れた際に、もう復職するのでしばらくは台湾に戻れないだろうという話を友人にしたところ、ならば食事に行こうと誘ってもらった。たどり着いたのは、友人の家から車で少し行った山の中にある、日本で言えば隠れ家レストラン的な所。


オーナーはもう少し都会でレストランを開いていたのだが(このレストランも美味しい)、その店を息子に譲り、予てから購入していた1500坪(!)もの土地に、一軒家の完全予約制レストランを開いたとのこと。ちなみに、日本の料亭に近い作りになっていて、日本庭園か!みたいな庭と、台湾茶を楽しむためのお茶室もある。




提供されるのは浙江料理とのことだったが、メニューはなく、実際に提供された料理を見ると、なんとなく日本の和食に近い感じ。ただ、調味料や材料がやはり台湾なので、それはそれで面白い。基本は素材の味を大切にした味になっているので、素直に美味しいと思った。値段もそれなりに設定している店なので、当たり前といえばそうなんだろうけど。





あまり知られていないかもしれないが、台湾の料理は、全体的に日本の味付けに比べて、薄味なものが多い。色だけ見ると、「味が濃そう」に見えるものも多いのだが、必ずしも味が濃いわけではない。特に、塩味が強いものはあまり好まれない傾向にある。そして、南へ行くほど、味付けが甘くなると感じている。

なので、台湾では日本のラーメン(特に豚骨系)屋が大人気なのだが、台湾で提供されている日系ラーメンのスープは塩味抑え目だったりする。そして、台湾人が日本でラーメンを食べると、かなり塩辛いと感じるという話をよく聞いた。

また、ベジタリアン(素食)も多く、街には専門のお店もよく見かけ、今回行ったレストランにもベジタリアン用のメニューがあるとのことだった。

おお、台湾の食べ物はヘルシー!な感じで終わるかと思いきや、実は台湾の料理は、結構油っこいものも多いので、意外と体にはよくなかったりするものもある。


(で、何を言いたいかというと!)


多分、多くの日本人にとって、台湾は「お茶とマンゴーと小籠包!」の国+「日本と日本人大好き!」な国、みたいな感じなんだろうけど、実際はそうでもなかったりするところもあるし、当たり前だが、やっぱり隣の芝生は青いってことで。




そして、あるお店で飲んだスイカジュースが本当にスイカだった!

(ちなみに、パイナップルジュースもパイナップルだった!)

次回は傷病手当金の話を本当にします……すみません。

2016年8月30日火曜日

歡迎你們來東京玩!(東京へようこそ!)

日本に帰国して、もうすぐ二ヶ月になる。
7月の頭に帰国してから、もうそんなに経つのかと思うと、台湾で一年近くを過ごしてきたということ自体が、はるか遠いむかしの話にも感じられてくる。

私は、本当に台湾にいたんだっけ?
と、ぼんやり思ったりするのだが、今月は立て続けに台湾より来客があった。




東京を象徴する、新旧二つのタワーを同じ日に昼と晩、間近に見ることになったのだが、私は個人的に東京タワーの方が好き(という話をどこかで書いたようなきがする)。ちなみに、中国語で東京タワーは「東京鐵塔」、東京スカイツリーは本来ならば「東京天空樹」だが、なんと中国で「天空樹」は商標登録をされていたそうで、正式な名前は「東京晴空塔」だそうだ。なんか、中国語は「スカイツリー(Sky Tree)」な感じがまったくしないのが逆に面白いかも。

有空的話,歡迎再來東京玩喔~!(暇があったら、また東京に遊びに来てね〜!)


2016年7月3日日曜日

謝謝你們這段的照顧(お世話になりました)

そして、日本に帰国した。
誕生日を2年連続で台湾にて迎え、気がついたら2歳も歳をとっていた。
もう立派なおばさんである。

帰国当日の朝、突然会社から連絡が来た。
すでに休職も1年を超えているので、今後のプロセスとやらの見通しを立てたいとのことで、一体何を言いたいのかさっぱりわからなかったが、とりあえず復職する希望を伝え、面談を設定してもらうことにした。

私は正社員で働いていた(過去形なのか!?)ので、会社も簡単に辞めさせることができないのはわかっているが、現場を1年以上も離れていたことを考えると、同じ職種で復職するのは恐らく無理だろう。退職勧告とかされるのかもしれないけど、それはそれでしょうがないかな、とも思ってる。もともと仕事を離れる時、私がいた部署は解散が決まっており、次のジョブタイトルも決まりそうなのを放り投げて休職したので、戻る場所もないというのが事実なのだ。社内には仲の良い人もいないので、社内組織が現状どうなっているかも全くわからない。仕事以外での人付き合いが苦手な私は、社内政治にももともと疎かった。

ここ1年はお気楽に台湾の話を書いていたが、現実はこんなもんだ。
中国語はもう少し勉強したかったのだが、それはまた何らかの形で続けていこうと思っている。

そんなわけで、私の人生はこの先どうなるのか、まったくわからない。
とりあえず、今まで通り、適当にダラダラと生きていきたい。

昔のブログの移行でもしようか(←今更!)。
未だに昔のblogは結構読んでくださってる方がいるようなのだがもう、2013年の話で、とにかく情報が古いと思うので、どうしたものかと。

2016年6月26日日曜日

術後の検査(3年後:検査&手術病院でのフォローアップ)、放射線腫瘍科(フォローアップ6)

台湾で生活をしているとなぜかPCに向かって文章を書くというのが面倒(出た!)になり、このBlogしばらく放置することになってしまった。もし、チェックいただいていた方がいらっしゃれば、申し訳ありませんでした。

5月の終わりに日本に一時帰国し、クリニックでの検査と手術病院でのフォローアップへと行き、特に問題はなし。本来なら、去年の12月に放射線腫瘍科のフォローアップを受けなければならなかったのだが、そのタイミングで帰国できず、ついでに放射線腫瘍科へも顔を出してきた(新しい先生は、本当に私が話していたことをよく覚えてくださっていて、最近、あまりにも記憶力が低下している私は、尊敬してしまう→まあ、新しい先生は若いしw)。

前回、突然私に起きたことというのは、なんとなく書きそびれていたのだが、実は生理が戻ってきたということだ。ちょうど、旅行先での出来事だったので、かなり動揺してしまった。今回のクリニックでの血液検査結果のエストラジオール(卵巣から分泌される卵胞ホルモン(エストロゲン)の主成分のこと)の値が、5→134と、27倍近い数値になっており、加えてFSH(卵巣刺激ホルモン)も、ものすごい伸びだ(約6倍)。ただし、FSHの場合は、LH−RHアゴニスト投与中、そもそもの数値はとても低かったので閉経してしまったのではなく、閉経状態だったのだのだなーと今更ながら思った次第。先生方も、いやー、このエストラジオールの上がり具合だったら、そりゃ、生理も戻ってくるよねーと。

おお、3割(閉経前に乳がんのホルモン治療を受けた場合、私の年齢だと7割は閉経すると言われてたので)に入ってしまったのか、これは喜ぶべきことなのか、一体?すでに去年から、もし、生理が戻っても、LH-RHアゴニストはもう二度と使いたくないという私の意志と、「もう2年使って、その間閉経状態にあったわけなので、生理が戻ってきても不要ということにしましょう」という結論で、抗エストロゲン薬(SERMs)のみでの治療継続ということになった。

そんなわけで、マンモグラフィーもエコーも腫瘍マーカーも問題なく、3年目を無事迎えることができた。

その間にも日本では、また芸能人の方に乳がんが発覚したという報道があり、「がん」という病気の持つ破壊力の強さに辟易する。こういった場面に詰めかける記者などのご家族で、がんと診断された方はいらっしゃらないのかと不思議に思うのだが(いても感覚が麻痺してるとしか本当に思えない)、少なくとも、当事者がこのような過剰な報道に関わっていないことを祈っている。そして、当人が少しでも良い環境で治療を続けられますように。

以下はまたどうでもいい台湾話を少し。